menu

社員を知る member

“転職組”の意見に耳を傾け、
「GO!」を出してくれる企業風土が心地いい

中途

マンション管理部 兼 総務部企画チーム
2013年入社

山本 浩貴

山本 浩貴

「僕にできること、ありますよ!」で増えた肩書き

「僕にできること、ありますよ!」で増えた肩書き

転職する際、どんなことを考えていた?

前職はシステムエンジニア(SE)として働いていました。SEは、新しい価値を生み出すことが主眼となる仕事。いわば”革新”といえますが、せっかく転職するのなら逆に”保守”することの価値を見い出せる仕事がしてみたいと思って、当社の面接を受けました。その際「ゼロからのスタートになるけど、いいですか?」と問われて「はい!」と即答しましたね。

入社当初は、ビルの設備管理・保守が業務のメイン。ビルの巡回や点検などの業務をこなしつつ、作業計画書を作ったり、計画に伴う作業届を提出するなど、管理面の業務も並行していました。もちろん知らないことだらけなので、先輩の指導を仰ぎながらです。

そんなある日、「会社がシステムの導入を検討している」という話を伝え聞きました。「あ、それなら僕でもやれることありますよ!」と、つい口にしたんですよね(笑)。そうしたらトントン拍子で「じゃあ、お願い」と。

それで「兼 総務部 企画チーム」という肩書きが増えました。

パートさんの「頑張って!」もシゴトの原動力に

総務部 企画チームの業務は?

企画チームでは人事などを含め、さまざまな業務が発生します。その中でメインとなるミッションは、今述べたように会社全体に新たなシステムを導入することです。

警備や温度管理など、ハード面を司るシステムはすでに確立されています。しかし、作業予定を組んだりするのは基本的に皆、エクセルを利用していて、システム化されていません。過去のファイルのストックについてもまちまちです。

さらに、作成した作業予定書はプリントアウトされ、上長に確認を依頼し、ハンコを押す…こうした承認までの一連の業務もオンライン上で行えるシステムを導入するべく、現在は導入業者からの説明を聞いたり、どういった仕様にするか話し合っています。

導入すると、大幅な工数削減につながることは明白。来年度には導入する予定です。最初は設備管理と企画チームの仕事、二束のわらじを履いているような状態で正直キツい面もありましたが、私のモットーは「楽しく仕事をすること」。今ではそれができているなと実感しています。

この会社には、ベンチャー企業のような瞬発力がある!

この会社には、ベンチャー企業のような瞬発力がある!

なにより「すごいな」と思うのは、転職してきた新参者である私の言い分に、皆が耳を傾けてくれて、協力してくれたこと。以前からシステム化の話は漠然とあったそうなのですが、「僕にできること、ありますよ!」という一言で社長をはじめ皆が「GO」を出して走り出した事実に、まず驚きました。

先輩も「創業40年を超えているけど、ベンチャー企業のような瞬発力を発揮する瞬間があるんだよな、ウチの会社は」と言っていて、まさにその通りだなと。経営にスピード感があるんですよ。

なので、「自らこうしたい!」「こうすればもっとよくなる!」というアイデアを持ちながら働く人にとっては、とても働きやすい環境といえますね。

システムの導入が一段落した後も、皆が使えるためにマニュアルをわかりやすくしたり、システムの保守などさまざまな業務が生じてくると思います。しばらくは二束のわらじ状態が続きそうです。でもそれこそ、私が求めていること。設備のことを熟知していて、なおかつITもわかるような、オールラウンド型のイケてるビジネスマンになることが私の目標です!

私のリフレッシュ術

趣味は街歩き。「今日は服を買う!」「自転車屋を巡る!」と毎回テーマを決めて、渋谷・原宿・青山界隈など、テーマに沿った地域を巡ります。今はインターネット通販で、クリックひとつで服が買える時代ですけど、それはちょっと味気ないなと。足を棒にして歩き、マニアックなお店にも足を運び、最後の最後に訪れた店で、ワゴンに積まれた現品限りの服と出会った時の感動たるや!歩くので体は疲れますけど、心は満たされるリフレッシュ術です。

ある一日のスケジュール

ある一日のスケジュール

PAGE TOP