menu

社員を知る member

“総務”と“経理”2つの視点から
会社をサポートしていきたい

新卒

総務部 総務経理課
2016年入社

蒲原 潤

蒲原 潤

覚えることも多く大変ですが、やりがいを持って取り組んでいます

現在の仕事の内容を教えてください

現在私が行っている業務は、主には経理業務と総務業務の2種類あります。

経理業務としては、決算ごとの売上等をまとめた損益計算書や、資産や負債などの情報をまとめた貸借対照表など、会社の業績に関わる様々な資料を作成しています。この作成した資料は会社を経営するうえでの分析材料ともなるため、特に数値にミスがないよう気をつけています。

総務業務としては、会社貸与の携帯端末の管理のほか、社内で情報を共有するために用いるグループウェアの取り扱いなど、会社全体の業務を円滑に進めるためにサポートを行っています。

経理と総務と幅広い業務内容となり、覚えることも多く大変ではありますが、今日は午前中は経理資料作成を行い、午後はシステム関連の資料を作成するなど、上手くメリハリをつけることで、それぞれにやりがいを持って取り組むことが出来ています。

若手の意見を聞き入れる体制作りを素早く行い、課題に取り組めることが大きな強み

働き方改革にむけての取り組みは?

昨今話題となっている働き方改革に向けて、弊社でも動き始めています。

上層部の働き方改革委員会とその下部組織である小委員会が発足し、働き方改革に関して、議論が行われています。

小委員会は、入社3年以内の若手を中心とし、私はその中でリーダーとしてまとめています。初回の会議では、メンバーが若手のため、右も左も分からない中、探り探りの始まりとなりましたが、会の終盤には活発に意見が交わすことが出来ました。

このような、若手の意見を聞き入れる体制作りを素早く行い、課題に取り組めることは、会社としての大きな強みであり、成長の原動力となっているのではないかと思います。

深い知識を身につけた経理マンとしてスキルアップを図りたい

これからどんな点を目標にして働きたい?

今後の目標は、法人税法など税関係の知識を習得することです。税法は会社の経理業務と密接に関わっており、それを知っているのと知らないのでは、業務の質に大きな差があります。また、会社としても、社員のスキルアップを推奨しており、資格の補助・報奨のほか、受講したいセミナーを提案することで、積極的に送り出してくれます。

こういった会社としての制度を積極的に利用し、深い知識を身につけた経理マンとしてスキルアップを図りたいと考えています。

私のリフレッシュ術

昔から身体を動かすことが好きなので、スポーツを行うことでリフレッシュしています。現在よく行うものは、ボルダリングです。これは、壁に付いている突起をつかみ、登っていくというスポーツなのですが、単純な腕力だけでなく、身体全体の動きが必要となり、失敗が続いた後に登りきれた際の達成感は一入です。

ある一日のスケジュール

ある一日のスケジュール

PAGE TOP